素材から学ぶ!「月山和紙」作りの現場で紙漉き体験!

こんにちは!まちおこしライターハシゴダカ@hashigodaka_com)です!

 

年齢を重ねるにつれて、人の趣味・趣向も変わっていくものですが、

最近は「○○体験」なんかにとても興味を惹かれます。

陶芸体験、ガラス工芸体験、そば打ち体験…

人生1回きりなら、色々なものに挑戦してみたい!なんて思う今日この頃です。

 

そんな中今回は、「月山和紙」紙漉き体験をしてきたので、

写真や動画も織り交ぜながらレポートします!

 

月山和紙の歴史

月山和紙の産地は、山形県の中央に位置し、月山を擁する西川町

出典:全国移住ナビ

かつて出羽三山信仰によって発展してきた西川町(旧西山村)では、

多くの人々が、厳しい冬の副業として和紙を生産してきました。

 

「西山和紙」という名で漉き継がれていたものの、

戦後の高度経済成長期には生産者が激減。

名称を「月山和紙」と変えて、細々と守られてきました。

 

その後平成元年には、和紙工房を備えた「自然と匠の伝承館」が完成。

現在は「工房さんぽ」さんとともに、現代へ受け継がれています。

 

月山和紙の特徴

出典:山形県ホームページ

 

月山和紙の特徴は、

  • 国産楮(こうぞ)100%
  • ソーダ灰による煮熟
  • 薬品漂白を行わない

という点です。

 

また、山形県の紅花や、この地域の特産である山ぶどうの皮などを用いた、

地域の特徴を活かす和紙作りにも取り組まれています。

 

月山和紙工房に行ってみた

今回伺ったのは、「自然と匠の伝承館」さん。

この日参加した打ち合わせの一環で、

紙漉きを体験させていただきました。

 

月山和紙の完成までには、このようにたくさんの工程を経なければならないそうです。

 

先ほども出てきた「楮」(こうぞ)とは、

古くから和紙の材料として使われているクワ科の落葉低木です。

この楮の皮の綺麗な部分が、主な原料となります。

 

いざ!紙漉き体験!

そんな大変な工程を全部お膳立ていただき、

ただただ紙漉きだけを楽しませていただきました(笑)

職人さん達には頭が下がります。


出来上がり、どうでしょうか?

もちろん職人さんとは比べるまでもないですが、

手漉き和紙独特の風合いがとても気に入ってます。

 

自然と匠の伝承館さんでは、

各種体験教室の事前予約を受け付けていますので、

ぜひチェックしてみてください~!

 

自然と匠の伝承館  - 体験教室一覧

ABOUTこの記事をかいた人

ハシゴダカ

ノースキルから、協力隊任期3年でパラレルキャリア×フリーランスを目指し、山奥で複業中。 1.山形県庄内町地域おこし協力隊(ミッション:地域ブランド&6次産業化・残り任期1年6ヶ月) 2.Webライター 3.ECサイト「百舌堂」運営 4.燻製加工食品製造 5.立谷沢山の芋農家 6.ブログ運営。 プログラミングを学習中。