地域おこし協力隊の6次産業化への関わり方とは。

こんにちは!まちおこしライターハシゴダカ@hashigodaka_com)です!

 

私は、山形県・庄内町の地域おこし協力隊として、

「食」を通じた地域振興という使命を担い、

普段は「タチラボ」という共同利用加工場内の事務所で働いています。

 

そのような目線から、地域おこし協力隊として、6次産業化への関わり方について考えてみたいと思います。

 

そもそも「6次産業化」とは?

まず、「6次産業化」について今一度おさらいします。

6次産業化とは

第一次産業である農業・畜産業・水産業等の従事者が、

農畜産物、水産物等の生産のみならず、

第二次産業である食品加工、第三次産業である流通・販売にまで、

主体的に関わる取り組みを指します。

 

第一次産業・第二次産業・第三次産業を掛け合わせ、

1×2×3=6次産業 という意味合いを持ちます。

 

出典:ジブン農業

 

6次産業化による商品開発や販路拡大で生産物の価値を高めることができるため、

生産者が今後生き残っていくにあたりとても重要な施策となっています。

 

6次産業化の目的

生産者が6次産業化に向けた取り組みを実施することで、

次のようなメリットが挙げられます。

 

  • 所得の向上
  • 雇用の創出
  • 中間コストの削減
  • ブランド化
  • 風土や伝統文化の保全
  • 地域活性化

 

 

6次産業化のデメリット

一方、6次産業化によるデメリットとして、次の2つが挙げられます。

多額の投資やそれに伴う法人化が必要!

食品加工のための設備投資をはじめ、衛生管理パッケージデザイン等、

商品の販売までには多額の初期費用が必要となります。

 

生産以外のことに手が回らない!

自らが生産者でありながら、

並行して商品開発や食品加工、販路開拓まで手がけるのは実際に困難です。

それぞれの専門知識を全て一人で身につける労力は大変なものであり、

推し進めたい気持ちとは裏腹にやることが多すぎて手が回らず、

中途半端なものになってしまうといった事例もあります。

 

地域おこし協力隊の役割とは。

このデメリットを解消することこそが、

我々庄内町地域おこし協力隊の役割と言えます。

 

庄内町では、6次産業化共同利用加工場「タチラボ」を設置し、

地域の生産者が気軽に加工食品を製造できる仕組みづくりを整えています。

庄内町立谷沢川流域活性化センター(タチラボ)

 

たくさんの農家の方が、設備投資をすることなく商品を開発し、

我々地域おこし協力隊はレシピ提供やパッケージデザイン、販路の開拓をお手伝いします。

より多くの商品を販売し、地域の方々の所得の向上につなげることが目標です。

 

様々な製造機械を揃えています!

 

今後、このブログではタチラボの様々な活動を発信していきます。

ぜひ、ご期待ください!

ABOUTこの記事をかいた人

ハシゴダカ

ノースキルから、協力隊任期3年でパラレルキャリア×フリーランスを目指し、山奥で複業中。 1.山形県庄内町地域おこし協力隊(ミッション:地域ブランド&6次産業化・残り任期1年6ヶ月) 2.Webライター 3.ECサイト「百舌堂」運営 4.燻製加工食品製造 5.立谷沢山の芋農家 6.ブログ運営。 プログラミングを学習中。