ITパスポートは参考書不要の難易度。この無料過去問が勉強時間1ヶ月で合格率アップのカギ!

こんにちは。ハシゴダカ(@hashigodaka_com)です。

 

皆さんは、ITパスポートという資格をご存知ですか?

ほぼ毎週開催されていて、ITの基本的な知識を問う手軽な国家資格と聞けば、

取得して損はないと思っていただけるのではないでしょうか?

 

「就職にはあまり役立たない」というような評判もありますが、

私はその先の基本情報技術者試験などに繋がる、

基礎知識勉強習慣をつけるためにも大切な資格だと考えています。

 

社会人のため時間が限られ、ITを専門で学んだことはない私でも、

お金をかけずに1ヶ月で合格することができました。

今回はそんな私の経験をもとに、オススメの勉強法をご紹介します!

 

まずは受験申し込み!

まず初めにやるべきことは、勉強よりも受験の申し込みです。

自信が無くても、1ヶ月先の試験に申し込んでしまいましょう。

【ITパスポート試験】情報処理推進機構 – https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

ITパスポート試験に関する詳細もこちらからご確認ください。

 

ITパスポートは毎週開催されている試験だからこそ、

「ある程度見込みが立ったら申し込もう」という気持ちで勉強を始めると、

段々と熱意が冷めてしまい、勉強に割く時間が少なくなりがちです。

 

最初に期日を決め、そこから逆算して勉強のスケジュールを考えましょう。

社会人の方でも1ヶ月あれば十分に合格可能です。

 

テキストは買わなくていい!

私は参考書やテキストを使わず、

無料で実施できる2つの勉強法だけで合格することができました。

そのどちらも、スマホ・PCがあれば勉強が可能なものです。

 

いちいち気合を入れて参考書を開く必要すらありません。

空き時間を有効利用して国家資格を手にすることができます。

 

YouTubeの講義動画でインプット!

1つ目は、YouTubeの講義動画「ITパスポート講座」です。

 

IT塾というアカウントの方が、なんと全101本の動画を無料公開しています。

これを使わない手はありません。

 

私は移動時間や作業中などを中心に、

とにかく空いた時間にはこの動画を見るようにしました。

 

字幕機能をONにすると、音を出せない場所でも内容がしっかりと頭に入ります。

1.25倍速で再生すれば時間短縮にもなるのでオススメです!

 

 

欠かせない専門サイト「ITパスポート過去問道場」

2つ目は、「ITパスポート過去問道場」というサイトです。

 

「ITパスポート試験ドットコム」というサイトが運営しており、

他にも過去問題の解説用語クイズなど、情報が盛りだくさんなのですが、

中でもオススメなのがこの「過去問道場」です。

ITパスポート過去問道場 – https://www.itpassportsiken.com/ipkakomon.php

 

これまでに出題された過去問題1,800問の中からランダムに出題され、

回答後は詳しい解説文が表示されるので、

間違った問題はしっかりと復習することができます。

 

私は最初の2週間、ひたすらランダムに出される問題を解き続け、

間違った問題のみ解説を読んで学習…と繰り返しました。

 

3週間目からは模擬試験形式で、まとめて100問を解きましょう。

すると、自分が合格ラインに届いているかどうか、

そして苦手な分野は何なのか、細かくまとめられたレポートを見ることができます。

 

例えばテクノロジ系の点数が低い場合、その分野の講義動画の見直しや、分野を指定して過去問を解き、

また模擬試験を受けるというルーティンです。

 

時間に余裕があるなら、有料教材でフォローアップを!

例えば、スマホとパソコンで資格学習が可能なサイトや、

以下のような参考書は、

時間とお金に余裕があって、

確実に受かりたい場合はぜひご活用ください。

 


模擬試験の点数目安

合格ラインは全問トータルと各分野それぞれで60%の正解率が必要ですが、

私の場合は1回目の模擬試験でトータル67%、しかしテクノロジ系が50%で不合格でした。

 

その後回を重ねるごとに正解率は70%80%と上がっていき、

本番直前の点数は87%でした。

 

それでも、実際に本番の点数は75%程度だったので、

本番は10%ほど点数が落ちると考えて、

コンスタントに80%台を獲れるようになるまでは間違った問題を徹底的に復習しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

1ヶ月の努力で国家資格を手にすることができれば、

その後のステップアップへの大きな自信になります。

 

これからますます、どんな業種でもITの知識が必要になる時代です。

ぜひあなたも受験してみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

ハシゴダカ

ノースキルから、協力隊任期3年でパラレルキャリア×フリーランスを目指し、山奥で複業中。 1.山形県庄内町地域おこし協力隊(ミッション:地域ブランド&6次産業化・残り任期1年6ヶ月) 2.Webライター 3.ECサイト「百舌堂」運営 4.燻製加工食品製造 5.立谷沢山の芋農家 6.ブログ運営。 プログラミングを学習中。