地域団体商標登録によるメリットとは?登録事例一覧も見られます!

こんにちは!まちおこしライターハシゴダカ@hashigodaka_com)です!

 

突然ですが、「地域団体商標」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

 

通常の商標登録のような目的に留まらず、

多くのメリットが見込まれるこの取り組みについて解説します。

 

求められる「地域ブランド」

皆さんは、旅行先でのお土産をどのようにして選びますか?

 

お土産屋さんに入り、棚に並ぶ色々な種類の商品から、

渡す相手が喜びそうなものを思い浮かべて、探し回ったりしますよね。

 

ただし大前提として、

その土地で有名な特産品があれば、

「どうせならそれを選ぼうかな」

と選択肢を絞ることも、よくあるのではないでしょうか。

 

「大間まぐろ」「越前がに」「神戸牛」

なんだかお腹が減ってきますが、食べ物だけではありません。

 

「南部鉄器」「江戸切子」「今治タオル」

いずれも、名前を聞くだけで見た目や味が想像できる、

確立した「地域ブランド」ばかりです。

 

これらに代表される「地域ブランド」消費者の行動に与える影響が大きく、

増加するインバウンド需要を背景に、各自治体はさらなる振興を図っています。

 

「地域団体商標」はそんな地域ブランドを適切に保護するとともに、

上手に活用することでより一層の発展につなげている事例も数多く見られます。

 

そんな「地域団体商標」の仕組みと事例をご紹介します。

 

地域団体商標制度とは

制度の概要

制度が導入されたのは2006年4月1日。

 

地域の特産品などについて、事業者の信用の維持を図り、

かつ、「地域ブランド」の保護によって地域経済を活性化させることを目的に掲げています。

 

そしてもうひとつ。

今までは、全国的に周知されていると認められなければ、

地域名+商品(サービス)名という組み合わせでの文字商標は登録できませんでした。

 

その要件を緩和したのが、この「地域団体商標制度」なのです。

 

商標の構成

地域団体商標として登録できる構成要件は、

以下の4点が挙げられます。

注意点
  • 商標が文字のみであること
  • 商標の構成文字が図案化されていないこと
  • 「地域の名称」と「商品名」等の組み合わせであること
  • 商標全体が普通名称でないこと

 

 

なお、「地域の名称」は現在の行政区画に限らず、

旧地名、旧国名、河川名、山岳名、海域名なども使用することができます。

 

私の地域おこし協力隊としての活動拠点である、

「庄内町立谷沢地区(旧立川町)立谷沢川流域」を例に挙げると、

「庄内〇〇」だけでなく、

「立川〇〇」「立谷沢川〇〇」「月山〇〇」

という商標も、登録できる可能性があるということです。

 

登録するためのポイント

先ほどご説明した商標の文言そのもの以外にも、

これら4つの条件に適合する必要があります。

1.地域に根ざした団体の出願であること

2.団体の構成員に使用させる商標であること

3.地域の名称と商品(サービス)に関連性があること

4.一定の地理的範囲である程度有名であること

 

取得する3つのメリット

これまで様々な条件をお伝えしてきましたが、

そういった手間を掛けてまで地域団体商標を取得するメリットは必ずあります。

1.法的効果
・他者への権利行使
・ライセンス契約

2.差別化効果
・取引信用度、商品、サービス訴求力の増大

3.その他の効果
・組織強化、ブランドに対する自負の形成

 

1.法的効果に関しては、

この制度に限らず、商標登録全体において該当する内容です。

 

私は何より、2.差別化効果のメリットが非常に大きいと考えます。

 

「国に認められた」という実績はこの上ないアピールポイントであり、

消費者から信用を得るためのとても効果的な手段と言えるでしょう。

 

事例はこちらから

これまで登録に至った645件(2018年末時点)の中でも特に実効的な取組事例を、

特許庁の公式ホームページにおいて閲覧することができます。

 

地域団体商標ガイドブック2019 | 経済産業省 特許庁

 

出願に至るまでの経緯や登録後の効果など、

現場の声が掲載されており、とても参考になります。

ぜひチェックしてみてください。

 

地域みんなで取り組もう

ここでご紹介したような効果だけに留まらず、

例えば、申請にあたりその商品が持つ価値を改めて洗い出すことで、

その商品が持つストーリー性を、より訴求力のあるものへと発展させられる。

そのような波及効果も期待できることでしょう。

 

皆さんのまちの名物を全国・世界へ広めるために、

地域一丸となって登録を目指しましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

ハシゴダカ

ノースキルから、協力隊任期3年でパラレルキャリア×フリーランスを目指し、山奥で複業中。 1.山形県庄内町地域おこし協力隊(ミッション:地域ブランド&6次産業化・残り任期1年6ヶ月) 2.Webライター 3.ECサイト「百舌堂」運営 4.燻製加工食品製造 5.立谷沢山の芋農家 6.ブログ運営。 プログラミングを学習中。