庄内町地域おこし協力隊として着任しました!

こんにちは!まちおこしライターハシゴダカ@hashigodaka_com)です!

 

遅ればせながらご報告ですが、

2019年2月より山形県・庄内町へ移住し、庄内町地域おこし協力隊として着任しました。

主に立谷沢(たちやざわ)という地区で、「食」を通じた地域振興のための活動に従事します。

 

庄内町・立谷沢地区ってどんな所?

庄内町は、山形県東田川郡・庄内地方の中央に位置する、人口約2万人の町です。

湯殿山羽黒山とともに出羽三山をなす、月山の山頂を有しています。

その中でも、立谷沢川流域の立谷沢(たちやざわ)地区は、人口 600 人足らずの穏やかな清流の里です。

月山を水源とする立谷沢川は、「平成の名水百選」に、山形県から唯一選出されている、全国屈指の清流です。

江戸時代までは出羽三山詣での表参道としてにぎわった地域でもあり、

近年整備された「羽黒古道」を通って羽黒山に登ることができます。

 

仕事の内容について

私は庄内町地域おこし協力隊として、主に下記のミッションを担います。

▸食で地域おこし隊【food director】
~地場の「食」の力で、地域の元気を3倍増しする~
・農産加工品の商品開発、特産品化、原材料確保、衛生・生産・出荷管理、販路拡大
・活動拠点となる立谷沢川流域活性化センター工房(加工場)の運営管理(利用拡大、利用者組織運営、利用受付、利用調整など)
・立谷沢出張所でのカフェ(イベントなど)運営
・農林水産物や食文化、技術、後継者の見える化(いつどこで何が採れるか、誰がどのように収穫・栽培しているかなどを写真や文章、動画でデータ化する 等

 

また、立谷沢地区の協力隊として、下記の共通ミッションの実現を目指します。

★共通ミッション【到達目標】
・立谷沢地区振興会などの地域組織やグループの会合、活動へ積極的に参加し、組織や活動の強化を図る。
・町の関係課や新産業創造協議会、観光協会、企業、学校など多様な組織団体と連携し、地域おこし活動の効果を高める。
・全員、食品衛生責任者と防火管理者の資格を取得する(講習受講で可)。
・加工特産品化20品目、移住定住者20人を実現する。
・工房利用者やなかまと企業組合などの地域商社を設立し、立谷沢で自分自身が生活できる基盤をつくる。

 

今後の目標

今後の活動における行動指針とも言える活動目標は、下記のように設定されています。

庄内町立谷沢(たちやざわ)地区における地域農林水産物を活用した6次産業化システ
ムの構築と、地域に人を呼び込む仕組みづくりを通して、当地区における所得向上と雇
用創造、移住定住を実現し、立谷沢を選ばれる地域ブランドにする。

 

1年目となる今年はこちらの活動目標をもとに、

  • 地域住民の所得向上に繋がる活動の下準備
  • 共同利用加工場の利用促進
  • 移住・定住促進のきっかけづくり

これら3つを個人目標として掲げ、活動してまいります。

 

活動状況は随時こちらのブログで報告していく予定です。

これからよろしくお願いいたします!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ハシゴダカ

ノースキルから、協力隊任期3年でパラレルキャリア×フリーランスを目指し、山奥で複業中。 1.山形県庄内町地域おこし協力隊(ミッション:地域ブランド&6次産業化・残り任期1年6ヶ月) 2.Webライター 3.ECサイト「百舌堂」運営 4.燻製加工食品製造 5.立谷沢山の芋農家 6.ブログ運営。 プログラミングを学習中。